Tourist firm 'Nata-Tour'
戻る ロシア文 英文 日本文 photo gallery
   


「大陸~サハリン間の海底トンネル建設物語」
ラザレフ港とデ・カストリ港への旅。


Unfinished bridge - the road to Lasrev

四泊五日のツアー

1950年5月5日に、ソ連政府と共産党中央委は、1950年から55年までにタタール海峡の海底トンネルを通じて、コムソモリスク・ナ・アムーレとサハリンのポベディノ村を鉄道で結ぶため調査、立案、建設の秘密決定を採択した。それはまずコムソモリスク-セリヒノ-ラザレフ岬まで鉄道幹線を敷き、その先は海底トンネルを通り、サハリンのポギビ村からポベディノまで鉄道を敷設するという計画であった。デ・カストリ湾には、巨大な石炭・材木用の港の建設が企画され、数万人の受刑者がこのため動員されたが、1953年にスターリンが死去した後、建設は突如中止され、トンネルは破壊された。
この旅行では、かってのトンネル建設現場を訪れ、スターリンの収容所をじかに見る。また、遂に汽笛を聞くことが出来なかった大きな鉄橋を見学する。


一日目
 朝、コムソモリスクから「メチェオール」高速船に乗り、アムール川を下降。
 昼食後、ボゴロッツコエ村に到着。地元博物館を見学した後、車でラザレフ港に向   かう。現地ホテルにチェックイン。

二・三日目
ラザレフ港。収容所の廃虚とトンネルの残骸を見学。町の古老達と会見。海で休息。

四日目
車でデ・カストリに向かう。オハー~コムソモリスク石油パイプラインの建設史を   学ぶ。ロシア人の小中学校を訪問。ホテルで宿泊。

五日目
早朝、車でコムソモリスクに向かう。途中で建設未完の鉄橋その他の施設の写真撮影。夜遅くコムソモリスクに到着。



     
戻る ロシア文 英文 日本文 photo gallery
    komsomolsknata@gmail.com